ブログ|on Note

何でも気になることを調べて記事にしたブログ

on Note

「104」の電話番号案内サービス

目的の電話番号を知りたい時に利用する、電話番号案内104ダイヤル。名前や企業名、住所から電話番号を調べてくれるサービス。日本では「104」という電話番号は、番号案内用として割り振られている。

NTTの電話番号案内
NTT東日本・西日本とNTTドコモの電話回線では、発信地最寄りのNTT東西回線を通じて接続されるNTTタウンページが案内をしている。
他会社の電話番号案内サービス
ソフトバンクやKDDIなど一部回線は、NTTとは別の事業者が番号案内を行う。その為、一部の直収電話やIP電話においては、固定電話でもNTTとは別の事業者に接続されるケースもある。

電話番号案内にかかる料金

電話番号案内にかかる料金は電話会社によって異なる。

電話番号案内での料金設定は、1案内につきいくらと、1つの案内に対して課金される(通話料は別途必要)。これはどの電話会社でも同じである。

月ごとに来る固定電話や携帯電話の請求の中に、該当月に電話番号案内を利用した分の料金が含まれてくる。

2018年時点では、1案内につき200円のところが多く、2案内以上から料金設定が変わる電話会社も多い。因みに、1回の「104」ダイヤルで2箇所の電話番号を調べてもらった場合、2案内としてカウントされる。

NTTドコモの番号案内サービスの料金値上げ

ドコモの携帯電話から「104」の電話番号案内を利用した場合、番号案内サービスは、サービスを委託されたNTT東日本・西日本から提供される。NTT東日本・西日本から提供される、ドコモ向けの番号案内サービスの接続料金が値上げされたこともあり、NTTドコモでの番号案内サービスの料金が値上げされた。(2017年に250円まで上昇したが、2018年、200円に変更される予定。)

NTT東日本・西日本では、「104」の電話番号案内サービスの需要と、サービスに発生するコストの精査により、接続料金は度々改定される。

NTTドコモに限らず、ソフトバンクやauでも電話番号案内の料金は値上げしている。

  • au・・・2015年、1案内につき200円に。
  • ソフトバンク・・・2016年、1案内につき200円に。
メニュー