ブログ|on Note

何でも気になることを調べて記事にしたブログ

on Note

地上波放送と衛星放送

テレビ放送には、地上にある電波塔から電波を送る地上波放送と、上空にある人工衛星から電波を送る衛星放送の2通りある。

地上波放送
放送局と各家庭の間に中継所を設けて電波を送る。
衛星放送
赤道上空36,000kmにある人工衛星を使い、各家庭に直接電波を送る。

地上波放送と衛星放送の違いは、その電波の送信方法にある。

衛星放送とは、赤道上空に打ち上げられた静止衛星(地球の自転と同じ速度で移動している)を利用し、直接、契約世帯にテレビやラジオなどの電波を送り届けるサービスのこと。

衛星放送の特徴

地上から電波を送る地上波と比べた時の、はるか上空にある人工衛星から電波を送る衛星放送の特徴とは。

  • 効率良く広域に放送ができる。
  • 大容量の情報伝達力がある。
  • 電波が建物や地形の影響で乱れることがない。また、災害にも強い。

衛星放送の仕組み

地上の放送局から人工衛星に向けて電波を送り(アップリンク)、人工衛星が地上に向けて送り返し(ダウンリンク)、各家庭ではパラボラアンテナで直接受信する。

アップリンクの間、36,000kmという長い道のりで弱まった電波を、人工衛星のトランスポンダー(電波中継器)で増幅して地上に送り返す為、各家庭の小さいアンテナでも受信することができる。

屋上にある共同アンテナを設置した集合住宅では、共聴ケーブルにて各部屋で信号を受け取れる。

BSCSの違い

CS
一般的な無線通信を行うことを目的とした通信衛星(Communincations Satellite)を利用している。
BS
通信衛星の中でも特に出力が高く、放送を専門とする放送衛星(Broadcasting Satellite)を利用している。

BS放送

BS放送は、放送衛星を利用した放送で、一般家庭で視聴されることを目的とした放送である。

放送衛星は東経110度、赤道上空36,000kmに打ち上げられている。放送衛星は地球の自転と同じ速度で移動している為、日本での電波受信は常に安定している。衛星は南西方向にあり、晴天時14時〜15時に太陽が見通せる場所にパラボラアンテナを設置。アンテナを向けた方向に障害物があると受信できない。

衛星管制センターが衛星の運用を制御している。

アップリンクセンターから衛星に電波を送り、衛星から各家庭に送られる。このアップリンクセンターでは、放送局から送られてきた放送番組信号(番組、データ、番組表)を受け取り、電波として所有の放送衛星に向けて発射する。

B-SATによる放送衛星の運用

株式会社放送衛星システム(Broadcasting Satellite System Corporation)通称「B-SAT」は、放送衛星の運用管理と衛星基幹放送局の提供業務を行う基幹放送局提供事業者(旧受託放送事業者)である。

日本放送協会(NHK)と在京民放テレビ各社の出資によって設立された。

CS放送

CS放送は、通信衛星を利用した放送で、元は、企業や事業者(ケーブルテレビや集合住宅など)といった特定の受信者の利用を想定していた。通信事業を目的とした通信衛星だったが、放送法の改正により一般家庭でも視聴できるようになった。

元々通信事業者を対象としていた為、放送衛星に比べ電波の出力が小さく、大きなアンテナを必要としていたが、今では小型のアンテナでも受信できるようになった。

現在のCS放送サービス

110度CSデジタル放送「スカパー!」と124/128度CSデジタル放送「スカパー!プレミアムサービス」が展開されている。

スカパー

BSデジタル放送に用いる放送衛星群と同じ110度に位置する。このことにより、アンテナやチューナー、受信機器が、110度CSBSで共通化できるようになった。

衛星放送の視聴に必要なアイテム

衛星放送を視聴するには、アンテナとアンテナケーブル、チューナーが必要になる。

アンテナとアンテナケーブル

衛星放送の受信には、BS・110度CSデジタルアンテナBS・110度CS対応アンテナケーブルが必要。

地上デジタル用のアンテナでは衛星放送を受信できない。また、BSアナログ放送用のアンテナでは、BSデジタル放送は受信できるが、110度CSデジタル放送の受信には制限がある。

アンテナケーブルを購入の際は、「BSデジタル・110度CSデジタル対応」の表記があるものを選ぶ。

壁にあるアンテナ端子が1つしかない場合、信号を「地上デジタル放送」と「BSデジタル放送・110度CSデジタル放送」に分ける分波器が必要になる。

チューナーとテレビ

衛星放送を視聴する為のチューナーが内蔵されたテレビには、「BSデジタル放送対応」のロゴと「110度CSデジタル放送対応」のロゴが入っている。

BS放送とCS放送には、標準画質とハイビジョン画質の放送があり、高画質で視聴するにはハイビジョンに対応したテレビが必要になる。

衛星放送のこれまでの流れ

  • 1989年・・・NHKBSアナログ放送をスタート
  • 1991年・・・WOWOW開局
  • 1996年・・・PerfecTV!開局
  • 2000年・・・BSデジタル放送開局
  • 2002年・・・110度CSデジタル放送開局
  • 2003年・・・地上デジタル放送開局
  • 2008年・・・スカパーJSAT発足
  • 2011年・・・新BS放送スタート

1989年に開始されたBS放送はまだアナログ方式。アナログ放送の場合、1台のトランスポンダーで1チャンネル分しか伝送できない。

CS放送を行っていた日本デジタル放送サービス(現在の「スカパーJSAT」)は、1995年にデジタル放送が可能な通信衛星の打ち上げに成功する。デジタル放送は圧縮技術の進化により、1台のトランスポンダーで4〜8チャンネルの番組の伝送が可能になる。

1984年、日本で初の放送衛星が打ち上げられ「NHK衛星第一テレビジョン」の試験放送が行われる。そして1989年、NHKにおけるBS放送の本放送がスタート。

1991年に、日本初のBS有料放送「WOWOW」の本放送を開始する。

1996年、日本初のCSデジタル放送「パーフェクTV」の無料放送が始まり、同年に本放送もスタートする。「パーフェクTV」は、1997年に放送を開始した「JスカイB」と合併し、1998年に「スカイパーフェクTV」で放送開始。

BSアナログ放送を行っていたNHKやキー局、WOWOWなどはBS放送のデジタル化を推進し、2000年にBSデジタル放送がスタートする。

CS放送では、2000年に東経110度赤道上空に通信衛星を打ち上げ、2002年に「スカパー!e2」をスタートさせる。このことで、共聴アンテナや共用チューナーがあればBSデジタル放送と110度CSデジタル放送の両方が視聴できるようになり、設備面でも簡易となった。

メニュー