ブログ|on Note

何でも気になることを調べて記事にしたブログ

on Note

当サイト「on-note.com」をHTTPS化してみる

当サイト「on-note.com」をHTTPS化した方法を、このページで簡単にメモしておく。

今まで「http://on-note.com/~」でアクセスしていた当サイトを「https://on-note.com/~」の、暗号化された通信でアクセスできるようにする。

その為に必要な「SSL証明書の取得」は、予めレンタルサーバを通じて完了させておく。

HTTPアクセスを「https://~」へ転送(リダイレクト)する

「https://~」のURLでアクセスすれば当然、通信は暗号化されたものとなるが、今まで通り「http://~」でアクセスした場合も「https://~」のアクセスとなり、通信が暗号化されるようにする。

「http://on-note.com/~」のアクセスを「https://on-note.com/~」に転送リダイレクト)することになり、これらのURLは「別のURL」という考え方に等しい。

HTTPでの全てのアクセスをHTTPSでのURL「https://on-note.com/~」へリダイレクトする方法として「.htaccessファイル」の作成を行う。

.htaccessファイルで「https://~」へ301リダイレクトする

「http://~」のURLから「https://~」への常時リダイレクトとなるわけだが、元のURL(http://~)のページの評価を引き継ぐリダイレクトは301リダイレクトと呼ばれるものになる。

「http://on-note.com/~」と「https://on-note.com/~」が同じコンテンツであるにも関わらず、Googleは別のページだと認識する可能性がある。よって、同じリダイレクトでも、ページ評価を引き継ぐ301リダイレクトとして.htaccessファイルを作成する。

.htaccessファイルへの記述内容は下記のようにし、サーバにアップロードすることでリダイレクトが行われた。

RewriteEngine On
RewriteCond %{HTTPS} off
RewriteRule ^(.*)$ https://on-note.com/$1 [R=301,L]

「on-note.com」の部分は該当サイトのものに換える。

RewriteCond
リライトルールを適用する条件を記述する。
ここでの「%{HTTPS} off」は、「httpsでない場合」を意味する。
RewriteRule
リライトルールを記述する。
ここでは「記述したURLへリダイレクトする」という意味になる。
[R=301,L]
「R」は「リダイレクト」、「L」は「適用したルールの終了」という意味になる。

「https://~」でアクセスしても警告が出る

HTMLファイルが読み込むオブジェクト(画像、CSS、JavaScriptファイルなど)のURLが「http://~」のままだと、サイトのHTTPS化がが完了していても警告が表示される。これらオブジェクトの参照URLも「https://~」に変更する必要がある。尚、CSSやJavaScriptの場合は、「http://~」のままだと読み込みがされない(スタイル等適用されない)。

相対パスもしくは「/」で始まる絶対パスで指定するのも良い。

メニュー