ブログ|on Note

何でも気になることを調べて記事にしたブログ

on Note

SEO(エスイーオー)とは何のことか

SEO(エスイーオー)とは、直訳すると検索エンジン最適化という意味になる。閲覧者がGoogleやYahooなどの検索エンジンで、検索した時の表示結果にて、より上位に表示されるようWebサイトを検索エンジンに対して最適化することにあたる。

ほとんどの人が、検索エンジンの検索窓にキーワードを入れて知りたいことを調べる現代では、作成したWebサイトがより多くの閲覧者に見てもらう為の手段として最も有効なことだと言える。

検索エンジンでは、閲覧者が満足できるものであったり、掲載している内容が閲覧者の役に立つものが上位表示に相応しいとしている。そういったものにWebサイトを作り上げていくことがSEOである。

なぜSEOはGoogle検索なのか

インターネット検索にはGoogleだけでなく、YahooやBingなど色々な検索サービスがある。しかしSEOと言えばGoogle検索に対して、という話になる。それはなぜか。

検索エンジンのシェアはGoogleとYahooが圧倒的で、ほとんどの人がGoogleかYahooの検索サービスを利用している。にも関わらず、SEOと言えばGoogle検索である。

それは2011年から、Yahoo検索にはGoogle検索エンジンの技術を導入している為である。Yahoo検索にはGoogle検索エンジンの仕組みが使われているのだ。つまり、Yahooの検索エンジンに対してSEOを行うにしても、結局はGoogleの検索エンジンに対してのSEOなのだ。ただ、両者の独自性により、検索結果の表示内容には多少の違いはある。

Google検索の表示のされ方を知っておこう

Googleの検索結果の表示にはいくつかの決まりごとがある。

  • 検索に対して、1つのWebサイト(つまり同一のURL)からは、最大3ページまでしかWebページが表示されない。
  • Webページのタイトルは、32文字を目安に、それ以降の文字は省略される。
  • 検索結果の1ページあたりに表示されるWebページは10ページ(つまり10個のタイトル分)まで。11ページ以降は次の検索結果ページに表示される。

検索された内容や、閲覧者の過去の検索や閲覧履歴、端末からの位置情報などによっても検索結果が変わる。

例えば、店舗を検索するケースでは、閲覧者の現在地付近の情報が上位に表示される。また、普段の検索において、その時のキーワードに関連するWebページで、過去に閲覧したことのあるWebページがあった時、そのWebページがより上位に表示される。

メニュー