HTML5|on Note

HTML5で使用する要素

on Note

グローバル属性とその種類

グローバル属性は、全てのHTML要素に共通で指定できる。

accesskey属性
accesskey="文字"
要素の項目を実行したり、選択などをする為のアクセスキーを指定できる。値は文字1つ分であり、半角スペースで区切ることで複数の値が指定可能である。ブラウザの操作に使われる実際のキーボードショートカットの内容は、指定したアクセスキーと、ブラウザが使用するキーの組み合わせにより、ブラウザごとに異なる。
class属性
class="クラス名"
要素を分類する為の「クラス」を指定する。class属性を使うことで、CSSを使ってクラスごとにスタイルを指定できるようになる。半角スペースで区切ることで、複数の値(クラス)への割り当てが可能となる。
contenteditable属性
contenteditable="編集可否を示すキーワード"
要素を編集可能にする場合は「true」または文字列、編集不可にする場合は「false」を指定する。値の省略時には親要素の状態が継承される。
contextmenu属性
contextmenu="menu要素のid属性の値"
要素の項目の右クリックやキーの組み合わせによって、状況に応じて表示されるコンテキストメニューと関連付ける場合に、対応するmenu要素のid属性の値を指定する。
dir属性
dir="方向を示すキーワード"
要素のテキスト表記方向を「ltr」(左から右)、「rtl」(右から左)、「auto」(自動)のいずれかで指定する。ルート要素でdir属性を省略した場合の表記方向は「ltr」となる。親要素のある子要素でdir属性を省略した場合は、親要素のdir属性の値が継承される。
draggable属性
draggable="ドラッグの可否を示すキーワード"
要素をドラッグ可能にするかどうかを「true」(可能)または「false」(不可)のいずれかで指定する。値を指定しない場合の既定値では「auto」(自動)となりブラウザの設定が使用される。
dropzone属性
dropzone="キーワードs:またはf:に続けてデータタイプ"
要素上にユーザーがドロップ&ドラッグできるようにする。キーワードには「copy」(項目をコピー)、「move」(項目を移動)、「link」(リンクを作成)のいずれかを指定でき、省略時の値は「copy」となる。スペースで区切り、対象の項目が文字列なら「s:」、ファイルなら「f:」を指定し、さらにMIMEタイプなどを指定する(テキストなら「s:text/plain」、PNG画像ファイルなら「f:image/png」など)。
dropzone属性はdraggable属性を指定した要素などと組み合わせて、ドラッグ&ドロップするアプリケーションで利用する為のものである。
hidden属性
hidden
ログイン後のメイン画面など、ある状況では隠しておきたい要素に対して指定する。hidden属性を指定した要素はブラウザ上では表示されない。hidden属性は論理属性である。
id属性
id="名前"
その要素を他と区別する為のID(名前)を指定する。要素に名前を付けることで、リンク、スタイル化やスクリプト化の対象として利用できる。
1つのHTMLドキュメント内で、同じid属性の値を重複して指定することはできない
lang属性
lang="言語タグ"
要素のコンテンツや属性に含まれるテキストの言語を言語タグで指定する。lang属性の指定を省略した場合は、親要素のlang属性の値が継承される。
style属性
style="スタイルシート記述"
要素のスタイルをCSSで指定する。「プロパティ:値;」の書式で指定できる。
tabindex属性
tabindex="整数"
Tabキーを使用した時に、要素の項目へフォーカスが移る順番を正の整数で指定する。
title属性
title="文字列"
その要素を簡単に説明する為の情報を指定する。多くのブラウザでは、title属性の内容はツールチップの情報として表示される。title属性の情報を省略した場合、通常は親要素のtitle属性の値が継承される。
メニュー