HTML5|on Note

HTML5で使用する要素

on Note

article要素

article要素は、ドキュメントやページ、アプリケーションやサイトを構成する一部で、その部分だけを単独で配布・再利用できる区切りを示す。つまり、独立したコンテンツとして成り立つ際に使用する。具体的には、新聞や雑誌の記事、ブログ記事のエントリー、ユーザが投稿したコメント、ウィジェットやガジェットなど、独立した一項目が該当する。

では「独立したコンテンツ」とは何か。「RSSフィードで読み込まれた際に一つの記事として成り立っているか」という点を意識する。(実際にフィードがあるかないかは関係なし)成り立っているならarticle要素を、そうでないならsection要素など別要素の使用を検討する。

article要素を入れ子構造にする場合、原則、内部のarticle要素の内容は外部のarticle要素の内容に関連している必要がある。例えば、ブログ記事のエントリーを示すarticle要素内に、ユーザ投稿コメントを示すarticle要素を含めることができる。

time要素のpubdata属性を用いてarticle要素の発行日情報を提供することができる。

記述方法
<article>ドキュメントの構成部分</article>
Flowコンテンツの記述箇所で使用できる。
HTML5での分類
Flowコンテンツ,Sectioningコンテンツ
指定できる属性
グローバル属性
子要素にできるもの
Flowコンテンツ
メニュー