JavaScriptを習得したい

on Note

識別子の命名規則

識別子とは、変数や関数などを識別する為に付ける名前のことを言います。JavaScriptで登場する変数や関数、メソッドなどは互いを識別する為に名前を付けて利用します。

識別子は、変数や関数などを識別する為にウェブページ作成者が任意で付けることができるものです。JavaScriptではこういった名前を比較的自由に付けることができますが、命名にあたって一定のルールがあります。

識別子に使用できる文字

識別子に使用することができる文字は以下の通りです。尚、文字は全て半角で記述します。

  • 英字(大文字と小文字が区別される
  • 「 _ 」(アンダースコア)
  • 「 $ 」(ドル)
  • 数字(2文字目以降で使用できる

英字の大文字と小文字は厳密に区別されます。例えば「name」と「Name」は別の識別子として扱われます。

使用することができる記号はアンダースコアとドルのみです。

数字を使用することができるのは2文字目以降です。例えば「name2」とすることはできますが「2name」とすることはできません。

予約語は使用できない

JavaScriptでの予約語を識別子に使用することはできません。

予約語とは、プログラミング言語には既に役割が決まっている単語を言います。

JavaScriptでの予約語には以下のようなものがあります。変数名や関数名など、命名には以下の名前を付けることができないということです。

  • break
  • case
  • catch
  • class
  • const
  • continue
  • debugger
  • default
  • delete
  • do
  • else
  • export
  • extends
  • finally
  • for
  • function
  • if
  • import
  • in
  • instanceof
  • new
  • return
  • super
  • switch
  • this
  • throw
  • try
  • typeof
  • var
  • void
  • while
  • with
  • yield

将来的に予約語として使われそうな単語も、識別子として使用すべきではありません。