パソコンとネットワーク|on Note

パソコンやネットワークに関する用語

on Note

ADSL

ADSL(非対称デジタル加入者線)とは、一般家庭にあるアナログの電話回線を使ってインターネットに接続する、高速かつ大容量の通信サービス。デジタル加入者線(DSL)の一つ。

パソコンからインターネットへの上りと、インターネットからパソコンへの下りの通信速度が非対称(Asymmetric)である、高速デジタル有線通信技術ならびに電気通信役務のこと。

音声通話で使っていない周波数をデータ通信に転用した技術。一般の電話線を使って通信するものの、通話音声には使われない高い周波数帯を使用してデータ通信を行うもの。

ADSLの原理

ADSLは、一般の電話に使われる電話線を利用し、電話音声には使われない高い周波数帯を使用してデータ通信を行う

電話回線の周波数を、電話音声用(低周波)とデータ通信用(高周波)に分ける作業が必要となるが、この作業をスプリッタと呼ばれる機器が担当する。

音声用信号はスプリッタを通じて電話機へ接続、データ用信号はスプリッタを通じてADSLモデムへ接続される。スプリッタを内蔵したモデムも多く、その場合は、直接電話機とモデムを接続する。

ADSL以前はダイヤルアップ接続だった

ADSLと同じくインターネットに接続する方式にダイヤルアップ接続がある。ダイヤルアップは、ダイヤルして接続する方式で、FAXとよく似た仕組みになっている。

FAXでは、用紙に書いた内容を音に換えて送り、相手方では、音となって伝わってきた内容を紙に復元される。

これと同様、データは音に変換され、音となって伝わってきた内容がデータとなって復元される。

ダイヤルアップ接続

ダイヤルアップ接続は、音として(音声と同じ周波数帯で)データ通信も行う方式。音声通話の為の周波数帯なので非常に狭く、よってデータ通信の速度も限られるものだった。

ダイヤルアップ接続では、音声通話中はデータ通信ができないし、またその逆に、データ通信中も音声通話ができない。また、音声通話と同様、通話が長くなるほど電話代が高くなる。(定額サービスに入っていれば別)

ダイヤルアップ接続で音声通話とデータ通信を同時に行うには、2回線契約が必要。

ダイヤルアップでは、パソコンが扱うデジタル信号を、モデムによって電話の音声と同じアナログ信号に変調し、電話回線でやり取りしている。

回線上での通信の概念は音声通話と同様なので通話料金がかかる。よって、データ通信を行えば行うほど通話料金が発生する。

ダイヤルアップからADSL

電話回線の内の、音声通話で使用していなかった高い周波数帯を使ってのデータ通信を実現、それがADSL。更に、利用する周波数帯を広く取ることで多くのデータを搬送することができ、高速通信も実現した。

音声通話で使用しない周波数帯をデータ通信に使用するADSLの場合は、音声通話中でのデータ通信ができ、データ通信中での音声通話もできる。

ADSLと光回線を比較すると

ADSLは「伝送損失」という現象によって、インターネット接続を行う場所が、NTT基地局から遠くなるほど通信速度が遅くなる。

伝送損失とは、通信線路上を流れる電気信号や光信号の劣化度合いのことで、単位は「dB」(デシベル)。送受信設備を設置するにあたり伝送損失は低い方が良い。また、同じ通信線路でも、通過する信号 (例えば電気信号では周波数、光信号では波長など) によって伝送損失は変化する。

ADSLは、通話によるノイズや他家電製品によるノイズなどの影響を受けやすく、時間帯や状況によっては速度が大きく変化することもある。

光回線は、光ファイバーの専用回線を用いる為、距離や外的要因による影響を受けず、安定した速度を確保できる。ノイズなどによる信号の減衰げんすいも少ない。

ADSLは従来の電話回線を通信に用いる為、工事の必要なくインターネットを開通できる。一方光回線の場合、光ファイバーを引き込む為の工事が必要。

メニュー