パソコンとネットワーク|on Note

パソコンやネットワークに関する用語

on Note

パケット

コンピュータ通信において、小さく分割された通信データのひと塊をパケットといい、データをパケットに分割して送受信する通信をパケット通信と呼ぶ。パケット通信では、データをそのまま送信するのではなく、パケットに小分けして順次送信されていく。

なぜデータの分割が必要か

ネットワーク上を大きなデータが分割されずそのまま流れてしまうと、そのデータだけで回線が占有されてしまい他の機器が通信できないという事態が起きる。そこで、通信データをパケットという単位に小さく分割して流すことで、回線を共有できるようにしている。

通信路上を1秒間に流せるデータ量は、ネットワークの規格ごとに決まっている。その為、大きなデータをそのまま流してしまうと、それ以外のコンピュータはその間一切通信できない。これを避ける為、データを小さなパケットに分割して流し、通信路を共有できるようにしている。

通信途中でエラーが起きたとしても、データを分割して送信していることで、エラーが起きたパケットから通信を再開すれば済む、というメリットもある。

パケットに付加される情報

パケットには必ず、送信者や受信者のアドレスなど属性情報が付加される。この情報は、小包に貼り付ける荷札の役割があり、この荷札をもとに、パケットはネットワーク上を宛先へと運ばれていく。

パケットに付加される情報には、そのパケットが使用するネットワークプロトコルに関しても記載されている。これにより、1つのネットワーク回線上で複数のネットワークプロトコルが混在しながら利用することができる。

パケット通信

デジタルデータを小さなパケットに分割し、それらを1つずつ送受信する通信をパケット通信と呼ぶ。

ある送信者と受信者の間でデータ通信を行うとする。データをそのまま流すと、そのデータが流れ切るまでの間回線を占有し、その間他者が通信できなくなる。ここで、パケット通信方式を採用することで、データの送信は分割して行われ、回線に余裕ができ、複数人の同時通信を可能にする。

パケットという分割された通信データは、回線の空き具合を見ながら送られる。回線を共有する各機器がパケットを少しずつ交代で送ることで、1つの回線を共有できるようにしている。

回線交換通信では

携帯電話の音声通話や固定電話では、もう一方の通信方式である回線交換通信によって音声通話を実現している。

回線交換通信では、通話の間は回線を占有するのが普通。他社が電話を掛けても話し中となり、掛けた者はその回線が空くのを待つ。

パケット通信方式であれば回線を占有することはない。

回線交換方式の場合は、回線の占有時間に応じた課金、つまり通話時間による課金だが、パケット通信には通話時間という概念がない。従って、送受信したデータ量に応じて課金される。

回線交換とパケット交換

回線交換といえば固定電話。固定電話はダイヤルによって無数の宛先に電話が繋がるが、電話機からのケーブルは1本。その1本のケーブルは交換機に繋がっており、交換機が発信元と宛先を繋げている。都度、繋がる回線が変わるので回線交換方式と呼ばれる。

2者間で通話が行われている間、つまり回線を使用している間はその回線を占有する為、他者がどちらかの者に電話を掛けても繋がらない。これが回線交換方式の欠点。

複数のコンピュータが、同時に相互通信するコンピュータネットワークでは回線交換方式は使いづらい。そこでパケット交換方式が使われる。

メニュー