パソコンとネットワーク|on Note

パソコンやネットワークに関する用語

on Note

ポート

ポートとは、コンピュータやデバイス(周辺機器)が外部とデータを入出力する為の、ソフトウェアやハードウェアの末端部分(インターフェース)のこと。ソフトウェアやハードウェアには、外部とデータを入出力する為にデータの受け渡しの方法を標準化したインターフェースを持っており、これをポートと呼ぶ。

標準的なパソコンは、キーボードなどの周辺機器を接続する為のインターフェースとしてUSBポート、LANポートなどを備えていることになる。

ソフトウェアの場合

ソフトウェアの場合、外部装置や通信ネットワークとのデータの送受信を標準的な方法で統一的に扱う方法がOSなどによって提供されており、通信相手などを識別するのにポートが使われる。Windowsではモデムやプリンタなどにアプリケーションソフトが統一的な方法でアクセスできるよう、入出力方式を統一したCOMポートという仕組みが提供されており、アプリケーションソフトは自分の対象とする機器がどのCOMポートに接続されているかを知るだけで当該機器との入出力が取り扱えるようになる。

TCP/IPを利用したネットワーク通信

TCP/IPを利用したネットワーク通信では、通信機器や個々のコンピュータの持つIPアドレスの下に設けられた補助アドレスとして、0から65535までのポート番号が使われる。これにより、1台のコンピュータで複数のサービスを提供したり、複数のコンピュータと同時に通信できるようになっている。

メニュー