モバイル端末|on Note

スマートフォンなどモバイル端末に関する用語

on Note

MVNO

MVNOとは「仮想移動体サービス事業者」を指し、携帯電話回線などの無線通信基盤を他の通信事業者から借り受け、独自のサービスを加えて提供する企業のことである。MVNOのサービスの多くが、大手携帯電話会社との直接契約よりも割安に提供できるモバイル通信サービスであることから、MVNOという言葉は格安SIMという意味合いでも利用されている。

無線通信で利用できる電波の帯域には限りがあるため、無線通信サービスの免許を受けることができるのは日本に限らず数社である。しかしMVNOはその許認可を受けた事業者の設備を利用する為、当局から免許を受けていない企業でも参入できる。

MVNOが格安な理由

MVNOが格安な理由としては、各キャリアは回線整備への設備投資が必要なのに対し、MVNOは回線を借り受けているだけだという点が挙げられる。また、各キャリアと契約した時に比べ、期間あたりのデータ通信量の制約が厳しいこと、サービスによっては、音声通話がサポートされない、データ通信速度に制限がある、SMSが利用できないなどの機能制限の有無も格安である理由だろう。事業者やそこのプランによってサービス内容が様々なので、料金の他、データ通信の速度や容量、機能を吟味した上でMVNOを選択すべきである。

メニュー