モバイル端末|on Note

スマートフォンなどモバイル端末に関する用語

on Note

SIM(シム)カード

SIM(加入者認識モジュール)カードとは、電話番号など固有の識別情報が記録されたICカードのことで、スマートフォンや携帯電話でメールやインターネットをする為に必要なものである。

SIMカードをモバイル端末のSIMカードスロットに差し込むことで電話番号情報が読み取られ、音声通話やデータ通信など、契約中のプランを元にしたサービスが利用できるようになる。よって端末からSIMカードを抜くとデータ通信ができなくなる。

初期の携帯電話やスマートフォンには端末に組み込まれたROMに電話番号情報を書き込んでいたが、通信規格の進化などに伴い、世界規格の電話番号情報カードSIMが登場した。

格安SIM

ドコモやau、ソフトバンクの店舗でモバイル端末を購入した際、SIMカードが端末に挿入された状態で手渡される。格安SIMとは、このような各キャリアから渡される通信料が高価なSIMカードではなく、ドコモなどから回線を借りた業者であるMVNOが格安で提供しているSIMカードを指す。

SIMフリー

SIMカードのロック(キャリアや機種ごとの制限)が解除されている端末をSIMフリーと呼ぶ。

各キャリアにおけるSIMカードの背景

国内で各キャリアが販売するスマートフォンやタブレット、モバイルルーターでは、一部の機種を除いてSIMロックが掛けられていた。なのでキャリアとの契約時に渡されるSIMカードは、その端末か、同じキャリアの一部の端末でしか使うことができなかった。国内のキャリアの場合、採用する通信規格や周波数帯が少しずつ違っておりキャリア各社がそれぞれSIMカードの提供を推し進めていたという背景がそこにある。因みに、通信規格や周波数帯がキャリア間でほとんど違いのない海外では、SIMフリー端末が一般的である。

eSIM(イーシム)

eSIMは埋め込み型のSIMのことで、SIMの次世代規格。つまり、端末に埋め込まれたSIMeSIMと呼ぶ。

ROMSIMとの違いは?

電話番号情報の記憶にROMを採用していた頃は、情報の書き換えを、専用端末で機器に直接行っていた。また従来のSIMは、一度書き込んだ情報を上書きすることができず、回線契約の際は、新しいSIMに電話番号情報を書き込む。

これらに対しeSIMは、ユーザ自身が、スマートフォンなどから電話番号情報の書き換えや上書きをすることができる。

1つのeSIMに対し複数の電話番号情報を登録することができる。また逆に、1つの電話番号情報を複数のeSIMで共有することができる。

メニュー