パソコンとネットワーク|on Note

パソコンやネットワークに関する用語

on Note

バックボーン

バックボーンとは、インターネットなどの大規模な通信ネットワークにおける事業者間や国家間などを結ぶ高速・大容量のネットワーク回線、または、我々が契約しているプロバイダの上位回線網などのことをいう。

バックボーンはネットワークの中枢部分。ビルのフロア同士を結ぶLAN、企業の各拠点を結ぶ広域通信網、携帯電話の基地局間を結ぶ通信回線網、ISP間を結ぶ通信回線網など、バックボーンの種類や規模は様々。

インターネットバックボーン

インターネットバックボーンとはインターネットの主要幹線を指す。独立したネットワーク同士を接続する為の、高速・大容量の基幹ネットワークをいう。商用や政府、その他大容量データ経路の相互接続された集合体であり、国家間や大陸間などの世界中にデータを運ぶコアルータの集合体である。

「インターネットバックボーン」という用語は通常、ISPをクライアントとし、それらを相互接続する大規模ネットワークを指す。アクセスポイントである、プロバイダ同士や上位プロバイダとの間を接続する。ローカルなISPは、バックボーンのメットワークを形成している別会社からバンド幅を購入し、それを使って個人や企業にサービスを提供している。

バックボーンの個々の部分は企業や教育機関、政府(軍など)が所有していることが多い。

プロバイダのバックボーン

プロバイダでのバックボーンとは、そのプロバイダが持つインターネットの基本回線網のことを指す。

個人が一般的に契約するインターネット回線は、自宅から収容局(NTTの場合は電話局)までのもの。収容局から先は、プロバイダが持つ基本回線網によってインターネットに接続されている。自宅などで一般的に契約するインターネット回線と、プロバイダが持つ基本回線は別のものである。

通信速度はプロバイダのバックボーンによる

インターネット通信の速度は、自宅などに引き込む回線(光回線など)だけによるもので、プロバイダはどこを選んでも同じだと思われがち。しかし、プロバイダのバックボーンは通信速度に影響を与える。より高速な通信速度を望むなら、回線の速度に併せてプロバイダのバックボーンを知る必要がある。

プロバイダが持つ基本回線網の容量が大きいほど、一般ユーザの接続環境も高速となる。その為各プロバイダは、バックボーンの増強を頻繁に行っている。

メニュー