パソコンとネットワーク|on Note

パソコンやネットワークに関する用語

on Note

DNSとは

DNSとは、ドメイン名とIPアドレスの対応付けや、メールの宛先ホストを指示する為のシステムである。

IPアドレスとドメイン名の対応付けを具体的に

インターネット上における通信は、全て相手先のIPアドレスを指定することで行われている。WEBページの閲覧は、一般には英数字などで表されたドメイン名を打ち込むことで行うが、通信そのものはこのドメイン名に対応したIPアドレスで行われる。また、このドメイン部分をIPアドレスで指定しても、同じようにWEBページの閲覧ができる。

このように、ドメイン名とIPアドレスの対応付けを行うのがDNSである。

DNSの仕組み

「jp」や「com」などのTLD(トップ・レベル・ドメイン)は、ドメインとしては最上位だが、DNSサーバのツリー構造においては、さらに上位にルート・ネーム・サーバが存在する。この、DNS環境の最も頂点に位置するDNSサーバであるルート・ネーム・サーバが、TLDDNSサーバがどこにあるのかを管理する。

TLDサーバではそれぞれの空間で管理される名前、例えば「on-note.com」などのDNSサーバがどこにあるかを管理する。「on-note.com」のサーバでは自分の名前空間の中にあるホストへの対応表、例えば「www.on-note.com」のIPアドレスが管理される。

このようにDNSでは、名前をドメインと呼ばれる階層構造で管理することにより、データを複数のホストに分散化して管理するようになっている。

DNSにおける問い合わせの流れ

TLDDNSサーバ情報を保持するルート・ネーム・サーバがDNS問い合わせのスタート地点であり、検索はここから開始される。

ルート・ネーム・サーバが「www.on-note.com」というドメイン名のIPアドレスの問い合わせを受けた場合、TLDサーバであるcomサーバの位置を知らせる。

結果を受けると、今度はcomサーバに同様の問い合わせを行う。comサーバはon-note.comサーバが管理していることを知らせる。

最終的に問い合わせを受けたon-note.comサーバが、www.on-note.comのIPアドレスを返す。

このようにルート・ネーム・サーバから下位サーバにまで反復的にドメイン名を問い合わせることで、全ての名前空間に対する問い合わせに対応できるようになっている。

またDNSでは、同じ問い合わせを繰り返し行うことを防止する為、DNSサーバへの問い合わせによって得た結果をある時間記憶しておく(キャッシュする)仕組みが実装されている場合がある。キャッシュが有効な間に同じ内容の問い合わせがあった場合、サーバでは再度同様の問い合わせをすることなく、自分が持っているキャッシュの内容を回答する。

メニュー