パソコンとネットワーク|on Note

パソコンやネットワークに関する用語

on Note

IPとは

IPとは、OSI参照モデルにおいて、第3層(ネットワーク層)に位置付けられているネットワークプロトコルで、ネットワーク上の機器に対するアドレス割り当てや、そのアドレスをもとにパケットを伝送する役割りを持っている。つまり、各機器に住所を割り当てそこまでデータを送り届ける為のプロトコルである。

IPは、TCPUDPといった上位層から送信データとなるパケットを受け取ると、IPヘッダ(送信元・送信先IPアドレスなどが入った情報郡)という情報を付加し、ネットワークへと送り出す。

IPは経路選択もする

IPでは、経路を選択する方法についても定義されており、これにより複数のネットワークを跨いだ通信も可能にしている。

実際には、LANと外部のネットワークとを接続する機器であるルータが、このIPの経路選択(ルーティング)をサポートしており、このルータから宛先の属するネットワークのルータへとパケットが送出されていくことで、目的地へと辿り着くようになっている。

このような機器により世界規模でネットワークを相互に接続されたものがインターネットである。

まとめ:IPとはどんなものか

IPとは、ネットワーク上の機器に対してアドレスを割り当て、経路を選択しながらデータを送り届ける為のプロトコルをいう。このプロトコルでは、各コンピュータを識別する為にIPアドレスを用いる。

パケットにはIPヘッダという荷札が付けられ、この荷札をもとに、IPの経路選択をサポートするルータによって、バケツリレー式に目的地へと運ばれる。

メニュー