パソコンとネットワーク|on Note

パソコンやネットワークに関する用語

on Note

OSI参照モデル

OSI参照モデルとは、ネットワークの基本構造を7つの階層に分けて標準化したもの。

ネットワークでは、違う機種同士でも問題なくデータの送受信が行えるような相互運用性の実現が重要となる。また、ネットワーク機能の拡張やサービスの追加など、新しいテクノロジを組み込んでネットワークをより高度に活用する必要にも迫られている。

相互運用性と機能の拡張性を実現する為の、ネットワークの基本構造は7つの階層に分けて考えることができ、この階層構造のことをOSI参照モデル(OSI階層モデル)と呼んでいる。プロトコルそのもののことではない。

OSI参照モデルの7つの階層

第1層(物理層)
最も下層に位置する。物理的なもの、つまりケーブルのピン数や電気特性を定め、送出データの電気的な変換などを行う。
第2層(データリンク層)
直結された相手との通信路を確保し、データの誤り訂正や再送要求などを行う。
第3層(ネットワーク層)
相手までデータを届ける為の経路選択やネットワーク上で個々を識別する為のアドレス管理などを行う。
IPアドレスという概念はこの層に位置付けられる。
第4層(トランスポート層)
ネットワーク層から流れてきたデータの整列や誤り訂正などを行い、送受信されたデータの信頼性を確保する。
TCPUDPといったプロトコルはこの層に位置付けられる。
第5層(セッション層)
通信の開始や終了といった通信プログラム同士の接続を管理し、通信経路の確立を行う。
第6層(プレゼンテーション層)
圧縮方式や文字コードなどを管理し、アプリケーションソフトとネットワークとの仲介を行う。
第7層(アプリケーション層)
通信を利用する為に必要なサービスを人間や他のプログラムに対して提供されている。

送信側は、アプリケーション層から物理層の順にデータを加工することで送信を行い、受信側では、受け取ったデータを送信側とは逆の順で加工することでデータを復元している。

メニュー