パソコンとネットワーク|on Note

パソコンやネットワークに関する用語

on Note

UDPとは

UDPとは、OSI参照モデルにおいて第4層(トランスポート層)に位置付けられているネットーワークプロトコルで、コネクションレス型の通信機能を提供する。

コネクションレス型とは、情報を送るという通知を相手に行わずいきなり送信してしまう方法のこと。コネクションレス型では、通信の信頼性は低くなるが、TCPとは違いプロトコル自体の処理が軽く済むので高速であるという特徴を持つ。

UDPは、第3層(ネットワーク層)のIPを、第5層(セッション層)以上のプロトコルから直接使えるようにする為の橋渡し役と言える。上位層のアプリケーションから受け取ったデータをパケットに分割してIPによって送信するだけで、TCPのように受信確認を行うことはしない。当然パケットが届いたかも送信側では分からないし、実際のネットワークの状況によっては届かないとこも起こり得る。

UDPが使用されるアプリケーション

信頼性に劣るが、処理の軽さが特徴のUDPは、主に下記のアプリケーションで使用されるプロトコルである。

  • DNSDHCPなど、主に小さなサイズのパケットをやり取りするだけで済んでしまうアプリケーション。
  • 音声通話や動画配信など、多少雑音などが入っても時間的な連続性が重要視されるアプリケーション。
メニュー