パソコンとネットワーク|on Note

パソコンやネットワークに関する用語

on Note

インターフェイス

インターフェイス(interface)を直訳すると界面や接触面、中間面となる。コンピュータ分野においては、コンピュータと周辺機器の接続部分を表し、異なる2つのものを仲介するという意味を持つ。

電気信号の大きさを調整したりデータの形式を変換したりと、両者間のデータのやり取りを仲介する回路や装置を指す。

ハードウェアインターフェイス

ハードウェア間の通信を行う入出力ポートの、コネクタ形状や信号の送受信の方法(プロトコル)などを決めたものがハードウェアインターフェイス。主にパラレル接続のものとシリアル接続のものに分かれる。

接続端子や拡張スロットなどパソコンと周辺機器との接点、またはそこでのデータ送受信の取り決めがハードウェアインターフェイスである。

ソフトウェアインターフェイス

ソフトウェア間の通信を行う際の、データのやり取りの方法を定めたものがソフトウェアインターフェイス

ウェブアプリケーションの機能の一部を外部から利用できるようにする為の規格をAPIと呼ぶ。

ユーザインターフェイス

ユーザインターフェイスUI)とは、コンピュータとそれを使用する人間との間で情報をやり取りをする為のインターフェイス。コンピュータと人間との仲介役となる。キーボードやマウスの操作性、操作画面での理解のしやすさなどがこれにあたる。

操作手順が複雑、操作性が悪い時に「ユーザインターフェイスが使いにくい」などと言う。

メニュー