パソコンとネットワーク|on Note

パソコンやネットワークに関する用語

on Note

ライブラリとは

ライブラリとは、ドキュメント、音楽や画像ファイルなど、各種ファイルを管理する為のスペースである。フォルダ内でファイルを探すのと同様に参照したり、日付や種類などのプロパティに基づいて整理・表示することができる。

ライブラリのカスタマイズ

ライブラリに対しフォルダを追加または削除することで、ライブラリがコンテンツを収集する場所を変更できる。

ライブラリの既定の保存場所やライブラリの最適化の対象となるファイルの種類を変更することで、ライブラリの一般的な動作を変更することができる。

ライブラリにフォルダを追加する

ライブラリには様々なフォルダのコンテンツがまとめて表示される。様々な場所から同じライブラリにフォルダを追加し、それらのフォルダのファイルを1つのコレクションとして表示したり整理したりできる。例えば、外部HDDに画像が保存されていてそのHDDのフォルダを画像ライブラリに追加しておくと、HDDがコンピューターに接続されている限りそのフォルダのファイルに画像ライブラリでアクセスできる。

ライブラリとフォルダの違い

ライブラリを開くとファイルが表示されるので、ライブラリとフォルダは類似しているわけだが異なる点がある。ライブラリでは、複数の場所に保存されているファイルを1か所にまとめて表示する。ライブラリは、項目を実際に保存するのではなく、項目が保存されているフォルダを監視する形である。ライブラリを利用して、それらの項目に様々な方法でアクセスし整理できる。例えば、HDDと外部ドライブのフォルダに音楽ファイルがある場合、ミュージックライブラリを利用すれば全てのファイルに一度にアクセスできる。

メニュー