パソコンとネットワーク|on Note

パソコンやネットワークに関する用語

on Note

モデム

モデムとは、デジタル通信の送受信装置。アナログ信号とデジタル信号を相互に変換する機器である。

電話回線を使用してインターネット接続をするADSLはデータがアナログ信号となって流れる。デジタル信号を処理するパソコンからは、このままでは通信できない。よって、パソコンのデジタル信号をアナログ信号に変換してインターネット上に送信し、アナログ信号となって流れてきたデータをデジタル信号に変換してパソコンが受信する。そしてこの変換作業を行っているのがモデムである。

モデムは、デジタル信号を伝送路の特性に合わせたアナログ信号にデジタル変調して送信すると共に、伝送路からアナログ信号をデジタル信号に復調して受信するデータ回線終端装置の機能部分にあたる。通信方式は、ITU-Tにより標準化されている。

変調
デジタル信号から搬送波用のアナログ信号に変換すること。
復調
搬送波用のアナログ信号からデジタル信号に変換すること。

ITU-Tとは、国際電気通信連合の部門の一つで、通信分野の標準策定を担当する電気通信標準化部門

電話回線を使用したADSLでインターネットに接続する場合はモデムが必要になる。光回線の場合は、モデムの代わりに光回線終端装置ONU)を使用する。

モデムという名称の由来

モデム(modem)という言葉は、送信の為のデータに基づく変調装置(モジュレータ:modulator)と、受信した信号からデータを取り出す復調装置(デモジュレータ:demodulator)の、それぞれ前部分だけを繋げてできた。

なぜ信号の変換が必要なのか

パソコンのデータはデジタル信号を使っているが、これをそのまま電波に載せてインターネット上に流そうとすると、データに歪が入りそのデータが破損してしまう。そこで必要になるのが、パソコンから出てきたデジタル信号を、情報を遠くに届ける為の波(「搬送波」と呼ばれる)に変換して流すこと。この時の搬送波がアナログ信号になる。

アナログ信号へと変調する必要が出てくる為に、モデムが必要となる。

メニュー