パソコンとネットワーク|on Note

コンピュータやネットワークに関する記事

on Note

OSの32bit版と64bit版の違い

32bit版と64bit版では、OSが扱える情報量が違う。32bit版では「2の32乗」通り、64bit版では「2の64乗」通りと、扱える情報量に圧倒的な差がある。

では、「32bit」や「64bit」とは何のbit数を言っているのか。それは、CPUのレジスタのサイズを指す。

「32bitCPU」と「64bitCPU

「32bitCPU」や「64bitCPU」と呼ばれるように「32bit版」と「64bit版」ではCPUが異なり、「32」や「64」といった数値は、CPUに内蔵されたレジスタのbit幅を指す。

CPU内部の記憶装置には「キャッシュ」もあるが、レジスタはキャッシュよりも高速で、記憶容量が小さい。

一般に、レジスタのサイズが大きいと、一度に扱える情報量が増える。一度に処理できる情報量が「2の32乗」である32bit版に対し、64bit版では「2の64乗」になる。

そして、一度に処理できる情報量から、32bit版では搭載するメモリのサイズに上限ができてしまう。

32bit版におけるメモリ4GBの壁

32bit環境では、「メモリ4GBの壁」なるものが存在する。これは、32bitのパソコンではその処理量から、仮に4GBを超えるメモリを搭載しても使えないという現象である。

32bitパソコンでは4GBが搭載できるメモリの上限サイズであり、それより大きい容量のメモリを使用するには64bitのパソコンであることが条件となる。

メニュー