パソコンとネットワーク|on Note

パソコンやネットワークに関する用語

on Note

パーティション

コンピュータ分野での「パーティション」とは、ハードディスクの区画や領域のことを指す。ハードディスクに対し、1つのドライブとして利用したい容量を指定し、区画を作ったものを言う。OS上では、1つのパーティションが1つのドライブとして扱われる

例えば750GBのハードディスクでは

例えば750GBのハードディスクがある時、パーティションのサイズ(容量)に750GBを指定すると、そのディスク全体が1つのパーティションになり、1つのドライブになる。

このハードディスクで、パーティションを500GBに指定すると、750GBの内、500GBのパーティションが1つと、OSから利用できない250GBの空きスペース1つが作られる。この空きスペースを2つ目のドライブに指定することもできる

「マイコンピュータ」を開くと、ドライブのアイコンが複数表示されるが、これは、物理的にはハードディスクが1つしか搭載されていないが、「Cドライブ」「Dドライブ」のように、ハードディスクがパーティションによって2つに分けられていることになる。

パソコンのハードディスクも分割されている

Windowsで、「マイコンピュータ」を開いた「デバイスとドライブ」の欄に、「ドライブC」の他に「ドライブD」「ドライブF」などと複数表示される。これは、そのパソコンに搭載されたハードディスクは1つであるが、パーティションによって、ハードディスクの領域が分割されているということ。

初期の段階で分割されていなくても、後からパーティションを生成することはできる。

パーティションの確認と管理

「マイコンピュータ」を開いた際に表示される、分割された複数の領域もパーティションだが、パーティションの全体像が「マイコンピュータ」に表示されない場合もある。そこで、下記手順で表示される「ディスクの管理」で、ハードディスクのパーティションの状態を確認することができる。

  1. 「マイコンピュータ」を右クリックし、「管理」を選択。
  2. 「ディスクの管理」を選択。

この「ディスクの管理」画面で、OSが実際に管理しているパーティションの一覧が表示される。

この管理画面では下記を確認することができる。

  • パーティションごとの容量
  • パーティションの状態
  • 空き容量とその割合

「ディスクの管理」からは、パーティションの状態を確認できる他、パーティションを新たに分割したり、分割したパーティションを削除したりすることができる。

パーティションに関する用語

プライマリパーティション
システムの起動が可能なパーティションのこと。OSがインストールされているパーティションは、必ずこのプライマリパーティションになる。
「ドライブC」のように、プライマリパーティション1つにつき、1つのドライブの割り当てがある。
Windowsの場合、1つのハードディスクに作成できるプライマリパーティションは4つまで。
拡張パーティション
「プライマリパーティション」とは逆で、システムの起動ができないパーティション。その為、拡張パーティションにWindowsをインストールすることはない。
長所は、複数の論理ドライブを作成できる点にある。また、作成した各ドライブに名前を割り当てることができる。
作成しただけではドライブとして認識されない。
論理ドライブ
「物理ドライブ」の逆の意味。
ハードディスクの数が物理ドライブの数であるのに対し、論理ドライブとは、パーティションによるドライブのことで、実際に割り当てられたドライブを指す。
隠しパーティション
OS上からは見えないパーティションをいう。「ディスクの管理」画面で見た時に「C」や「D」などのドライブレターが付いていないものが隠しパーティションに当たる。
回復パーティション
パソコンを出荷時の状態に戻す際に必要なもので、リカバリの為の領域。
メニュー