パソコンとネットワーク|on Note

パソコンやネットワークに関する用語

on Note

シーケンシャルアクセス・メモリ(Sequential access memory)

逐次アクセスメモリ(Sequential access memory)とは、磁気テープのように記憶情報が順番に格納されていて、所要の番地への操作を行うには順番待ちをしなければならない記憶装置である。

シーケンシャルアクセス

シーケンシャルアクセスとは、記憶装置などにおけるデータへのアクセス方式の一つ。記憶媒体の先頭から順番に検索してアクセスしている。

かつては、カセットテープやビデオテープを使用するオーディオやビデオの分野で多様された。コンピュータでは、利便性からランダムアクセスの機器がもっぱら。

超大容量のバックアップや安全な輸送の為など、コンピュータ用の磁気テープ機器にも一定の需要がある。

ファイルへのシーケンシャルアクセス

大抵のOSは、記憶媒体にファイルシステムを提供し、データをファイルごとで格納できるようになっている。多くなのOSでは、通常のファイルであればシーク操作によってランダムアクセスできる。

ディスク上のファイルではないパイプなどに対してでシークできないなど、何らかの理由でシークできないファイルに対してはシーケンシャルアクセスしかできない。

メニュー