SAMPLE GALLERY

リテールマーケティング(販売士)検定試験

元々「販売士検定試験」という名称で行われていた検定試験だが、習得できる知識や実務能力をより的確に表す為に「リテールマーケティング(販売士)検定試験」に変更された。

検定試験の合格者には「販売士」という称号が付与される。販売のプロと言えるだろう。

販売士資格は、流通業界で唯一の公的資格である。

試験は5科目から成る

  1. 小売業の類型
  2. マーチャンダイジング
  3. ストアオペレーション
  4. マーケティング
  5. 販売・経営管理

学びたいレベルによって級が分かれている

3級
売場の販売員のレベルで、販売員として最も重要な接客マナーや販売技術といった接客業務に関する知識が身につく。
小売店舗運営の基本的な仕組みを理解し、販売員としての基礎的な知識と技術を身に付けている。売場の担当者などが対象となる。
2級
売場の管理者クラスのレベルで、店舗管理に不可欠な従業員の育成や指導、仕入や在庫の管理といった知識が身につく。
小売業について、主として販売に関する専門的な知識を身につけ、ある程度の管理業務を遂行し、かつ部下を指導することができる。売場主任、部課長など中堅幹部クラスが対象となる。
1級
店長や経営者クラスのレベルで、トップマネジメント全般に関する商品計画や商品予算の策定、マーケティング政策の立案、人事・労務・財務管理といった知識が身につく。
小売業経営に関する高度の専門的な知識を身につけ、経営計画を立案し、総合的な管理業務を遂行できる。大規模小売店の店長や部長クラス、中小小売業の経営者クラスが対象となる。

販売士資格の取得はこんな方におすすめ

  • 一般小売業の従業員または経営者。
  • 製造業販売担当者やサービス業担当者、卸売業担当者。
  • 流通業界を目指す者。